盛和塾 読後感想文 第二十九号

年長者から学ぶ 

若い時に両親や先生方に教えていただいたことが、ある時、フット思い出されます。若い時には理解出来なかったことが、突然、“ああ、父親はこんなことを伝えたかったんだ”“ああ、あの先生は、こういう時のことを言っておられたのだ”と気付くことが良くあります。 

塾長のフィロソフィーは御自身が仕事で苦しみ、人生で悩み、真剣に考えられて学び取ったと語られています。 

仕事の中で、日常の生活の中で、この盛和塾機関紙を読み、塾長の考え方を、想いを学べることは、とてつもない貴重なものと思います。塾長のフィロソフィーは、仕事や日常の生活の中で、判断を迫られた時、自分の判断を正しい方向に向けてくれるものです。 

京セラフィロソフィー 

京セラフィロソフィーは稲盛塾長が27才で会社設立し、経営に携わって来た中で、苦しみ、悩んで、経営判断を迫られた中で生まれたものです。 

従業員を一つにまとめるには、経営者自身の“考え方”を磨き続けなければならない 

塾長と共に会社を辞めた7人の仲間と、新たに採用した社員を抱えて、塾長は経営のトップとして、従業員をまとめていかなければならなかった。 

従業員を一つにまとめていくには、人を惹きつけることができなければならない。人を惹きつける為には“立派な考え方や人生観”を持ち、また磨き続けなければならない。立派な経営には、経営者は自分の考え方、人生観、哲学を磨いていかなければならない。 

考え方が人生を大きく左右する:人生・仕事の結果 = 考え方 x 熱意 x 能力 

人の考え方によっては、その熱意や能力がまちがった方向に向けられることがあります。人一倍熱意もあり、人一倍能力のある人がそれらを悪い方向に向けたり、利欲の為に使うことがあります。あるいは人一倍能力はあるが熱意、努力をしない人もありますが、そうした人は人生・仕事では成功しないでしょう。 

りっぱな考え方を持った人は、自分の熱意や能力を良い方向に向け、人生・仕事に成功します。 

京セラフィロソフィーの浸透推進 

京セラフィロソフィーを従業員の中に広めて行こうとした時、“何でそんなことを押し付けられなければならないのだ”“どんな考え方をしようとも個人の自由ではないか”という反論に出会った。 

めざす山が違う 

めざす山が各自違います。山が違えば、登るための服装も道具も違います。会社が異なり、目標や使命が異なりますと経営者の考え方も違うのが当然です。 

京セラは目標を“世界一”に据えた 

28人の従業員に向って、今に京都一の会社になる、日本一の会社になる、世界一の会社になる、と塾長は絶えず夢を従業員と共有するように努力をしました。 

会社というのはトップの器以上にはならない 

人生・仕事の結果 = 考え方 x 熱意 x 能力の中で、考え方は一番大事です。能力は生まれ育って与えられたもの、これを伸ばすのはそれほど期待できません。しかし熱意は、自分自身の意思で求められます。 

“誰にも負けない努力をする”これは熱意です。本人の自覚で決めることが出来ます。 

トップの持つ人生観、哲学、考え方が、企業経営のすべてを決定します。会社を立派にしたいのであれば、人生をすばらしいものとしたいならば、自分の人間性を高め、人格を磨いていくことをすれば、誰にでも出来ることなのです。 

こうした想いを持つことが大切です。“想い”が持続していく時、自分の人間として、企業人としての器が大きくなっていくと思います。 

京セラフィロソフィー手帳 

京セラ35周年に京セラフィロソフィー手帳が作成されました。全従業員が京セラフィロソフィーを“共有”し、“共鳴”し、“賛同”してもらう為に作成されました。 

京セラフィロソフィーを実践して行く – そうすれば、1人1人の人生も幸福になり、会社全体も繁栄する - 従業員の物心両面の幸せに通ずると考えられています。 

全従業員の物心両面の幸福を追求し、人類・社会に貢献する 

京セラ設立後3年目に、従業員からの要求 - 昇給・ボーナスの5年保障を求められました。このことを契機に、塾長は技術屋としての夢を捨て“全従業員の物心両面の幸福を追従すると同時に、人類・社会の進歩発展に貢献すること“と会社の目的・理念を定めました。 

物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさを求めて行くとともに、仕事の場での自己実現を通して生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを求めていくものです。 

京セラは常に技術を磨き、次々と新しい製品を世に送り出していくことによって、科学技術の進歩に貢献し、会社として利益を上げ続け、多くの税金を支払って公共の福祉の増進に貢献して行きます。 

京セラフィロソフィーは、その為の行動指針として、また、すばらしい人生を送るための考え方の基準として、体得・実践して行くべきものです。